歯科治療が怖い嫌い方へ

「歯科治療が怖い、嫌い」が原因で、通院を中断したり、口の中の違和感を放置したままの方がいらっしゃいます。しかし、放置するほど虫歯や歯周病は悪化し、余計な治療が増え悪循環に陥ってしまいます。
当院では可能な限り患者様の不安や恐怖を取り除くように治療しております。

麻酔が怖い、嫌い

歯科治療が嫌になる原因の一つに麻酔注射の痛みがあります。麻酔注射の痛みには針を刺す痛みと、液を入れる痛みがあります。

当院では、針をさす瞬間の痛み対策として、表面麻酔を用意しています。
表面麻酔は塗るだけで粘膜の表面に麻酔効果がでますので、痛みの減少につながります。さらに針を動かすのではなく、針は動かさずに粘膜の方を針に近づけ、麻酔を行います。
この2つで針をさす痛みはほとんどなくなります。

また麻酔の液を一気に入れると、強い痛みがでます。当院では電動麻酔器を使いゆっくりとした一定の速さで液を注入することにより痛みを軽減しています。

患者様によっては「いつ麻酔を打ったのかわからなかった」とおっしゃる方もいます。

口を開けているのが辛い

進行した虫歯の治療や神経治療は治療時間が長くなり、口を開けているのも辛くなります。
当院では長時間口を開けているのが辛い方向けに、バイトブロックというゴム製のブロックを用意しております。これを奥歯で咬むことにより、楽に口を開けていれます。
また回数は増えますが一回の治療時間を短くして、分けて治療することも出来ますのでご相談下さい。

過去や小さい頃の記憶

昔は「痛みは多少我慢して下さい」や「患者さんは黙って口を開けていなさい」という時代がありました。
しかし、現在ではそういった事はありません。当院でもなるべく不快な思いがないようにという考えで治療しておりますので、だまって我慢せず何かあれば是非おっしゃて下さい。

治療中に痛い

患者様に歯を抜くのはいたくないですか?等と聞かれることがあります。しかし治療中は麻酔を打てば痛みは消失します。また麻酔の効きが悪ければ追加することも出来ます。
麻酔の方法も3種類程度ありますので、治療中の痛みを我慢する必要はありません。

説明がなく何をされているか不安だ

コミュニケーション不足により「今、何をされているかわからない」「次回は何をされるのだろう」「一体いつ治療が終わるのだろう」といった、不安が恐怖や痛みを倍増させることもあります。
当院では、今日何するか、次回何をするかは必ず説明するようにしています。次回麻酔を打つのかなどの疑問があればその場でお聞き下さい。
コミュニケーションを充分にとることで不安が解消するように努めております。

少しの気の使いとコミュニケーションで多くの問題は解決できます

患者様が不安に感じるポイントは千差万別です。「麻酔を極力しないでくれという方」から「必ず麻酔を打ってくれ」という方まで両極端です。
初診時に問診表に自由に書いてもらっても構いませんし、初回のカウンセリング時に伝えてもらっても構いませんのでこちら側にお伝え下さい。

カテゴリー:歯科全般

関連歯科情報