歯石除去は回数がかかるといった不満をお持ちの方へ

①スケーラーによる歯石除去「歯の汚れを一回で全部取ってくれないか」「なぜ歯石とりに何度も通院しなければならないのか?」等はよくある質問の一つです。

中には「歯科医院がお金儲けのために回数をかけているのじゃないか」と考える方もいらっしゃるようですが、決してそんなことはありません。

保険診療においては、歯の汚れ取りは一本いくらと決まっていますので、回数をかけても歯科医院が余計に儲かることはありません。むしろ時間と回数をかけ、しっかりと歯石を除去しようとすることは、真剣に歯周病治療に取り組んでいる証です。

歯石除去はお口の中の健康を獲得する上において必要不可欠な歯周病治療の一つで、正しく行なうためにはどうしても時間や回数がかかってしまいます。

なぜ歯石除去には回数がかかるか?

歯石除去を汚れ取り・クリーニングと軽く考えがちですが、歯石の除去は歯周病の治療行為です。エステ感覚で歯の表面の着色をきれいにするのとは違います。
歯周病治療には世界的にコンセンサスの得られた適切な手順や流れを定めたガイドラインがあります。

正しく歯周病治療を行う場合は、まずはレントゲンや歯周ポケット検査を行い、どのくらい骨が溶けているか、どこに歯石がついているかなど、診査診断をおこないます。
そしてブラシングの状態を確認し、歯石の量や歯肉の回復等を診ながら、適切な期間・回数をかけて歯石を除去していきます。

また、歯磨き指導も重要な治療の一つです。仮に半年に一度通院し汚れをとっても、毎日のブラッシングがいい加減では歯石はすぐに溜まってしまい、歯周病は進行してしまいます。

正しい手順を踏んで、正しく歯周病治療を行なうと、どうしても時間や回数が必要になってしまいます。

②歯周病治療のガイドライン

一回で取りたい・回数をかけたくない方へ

歯周ポケットが3mm以上で出血している歯茎のイラスト「年1回30分程度で歯石を取ってもらっている」という方をたまにお見受けします。

歯磨きの状態や歯石の付いている量にもよりますが、一年以上放置した状態で一回で汚れを取るのは物理的に不可能なことで、取り残しの可能性が考えられます。実際にそういった方の口の中を見ると大量の歯石が沈着していることが多くあります。
また表面の汚れはあまり目立っていなくてもレントゲンを取ると歯根に歯石がたくさんついていることもあります。

お口の中の健康維持に回数をかけたくない方は、とにかく一度きちんと口の中の歯石をすべて取り除いて下さい。その後、3ヶ月に一度程度の割合で汚れを取ると、回数が少なく口の中の健康も維持できます。

当院での時間をかけない歯周病予防プログラム

当院ではなるべく患者様の負担を少なくした歯周病予防プログラムを用意しております。
しかしながらそのプログラムにおいても、開始時はレントゲン検査やブラッシング指導などをおこない、歯石を完全に除去するため4~6回程度通院回数が必要です。
いずれにしても、まずは一度口の中をきれいにするのが肝心です。

一度歯石をすべて除去した後は、3ヶ月に一度程度の予防歯科を受けて下さい。そうすれば年合計4時間程度の時間的負担で、お口の中の健康が維持できます。

(関連リンク)
虫歯や歯周病を「治す」から「防ぐ」へ、当院の予防歯科について

カテゴリー:予防歯科 歯周病

関連歯科情報