歯周病に関するよくある質問

歯周病について教えてください

以前は、歯槽膿漏と言われていた病気です。歯にたまった細菌の影響で、歯の周りの骨が解け、歯がグラグラして、いつか歯が抜け落ちてしまう恐ろしい病気です。ほとんど痛みがないので自覚することもあまりなく、成人の80パーセントが歯周病であると言われております。歯を失う原因の一位は歯周病でもあります。

歯周病の治療方法について教えてください

歯周病の治療は基本的にはついている汚れを全て取り除くこと、今後新しい汚れを可及的につかなくする、この2点になります。まず正しい歯磨き方法を教えますのでそれを毎日やってもらいます。そして歯科衛生士による歯石除去を行うことになります。歯周治療はこちら側が一方的に治す病気ではなく患者さんと共に協力して直していく病気です。

歯周病も虫歯のように痛みますか?

歯周病はサイレントキラーと呼ばれ、ほとんど痛みがなく、自覚症状がないままに進行していきます。自覚症状に頼ると気付いた時には手遅れになり、抜歯ということも多い病気です。定期的な歯科医院での検診をお勧めします。

歯周病の予防は、何歳くらいから気を付ければよいのでしょうか?

歯周病は早い方で40歳前後から著しく進行していきます。また歯周病により溶けた骨はもとに戻すことができません。骨が1mmでも溶ける前の早めの受診をお勧めします。

歯周病になりやすいタイプはどんな人ですか?

細菌さえいなければ、決して歯周病になる事はありません。しかし歯周病菌の量が同じでも歯周病になりやすい人というのはあります。その例としては歯ぎしりや食いしばりが多い方、歯並びの悪い方、喫煙している方、糖尿病の方、ストレスが多い方、食生活の偏った方などです。このような方はより歯周病に気をつける必要があります。

カテゴリー:歯周病

関連歯科情報