熱いもので歯がしみる・痛む時、疑うべき3つの病気

熱いもので歯がしみる・痛む原因として、虫歯・歯周病・知覚過敏が考えられます。
熱いものでしみる・痛むときは、冷たいものでしみる・痛む場合よりも病気が進行している可能性が高いです。
体のSOSを見逃さず、早めに歯科医院で受診して下さい。

熱いもので痛む場合は、病気が進行している可能性が高いです。

正常な歯の構造
正常な歯の構造

歯の組織の一つである象牙質が表に露出すると歯がしみます。虫歯の穴が大きくなり、より神経に近いところまで進行すると、冷たいものだけでなく熱いものでもしみるようになります。

また、熱いものでズキズキと痛む場合、虫歯や歯周病が原因で歯の周りに膿が溜まっています。

虫歯で痛む場合の症状

虫歯の進行度
しみる場合はc2とc3の境目、ズキズキ痛む場合はc3・c4の可能性が高い

熱いものでしみる場合

虫歯が原因で熱いものによりしみる場合、痛みは一過性ではなく10秒以上持続し、熱いものに対して必ずしみます。
その他に代表的な症状として下記のものがあります。

  • 冷たいものでしみる
  • 甘いものでしみる
  • 歯が黒くなっている
  • 歯に穴があいている

熱いものでしみる場合は、虫歯が歯髄近くまで進んでいる場合がほとんどです。早めに治療しないと確実に神経を取る事になります。早めに歯科医院を受診してください。

熱いものでズキズキ痛む場合

虫歯が原因で熱いものにより歯がズキズキと痛む場合、歯根の先に膿が溜まっています。 その他に代表的な症状として下記のものがあります。

  • 歯が黒くなっている
  • 歯に穴があいている
  • 歯と歯肉の境目より5mm~10mm下に腫れや白いイボ様なものがある
  • 咬むと痛い
  • お風呂や就寝時等、体が温まると痛む
  • 冷たいものでは痛まず、口に含むと逆に痛みが緩和される

熱いものでズキズキと痛む場合は、虫歯が重症化しており、放置すると激しい痛みや顔面の腫れ等を引き起こします。また、放置期間が長いと治療の期間や回数の増加、病気の再発率の上昇につながり、最悪の場合は抜歯に至ります。早めに受診してください。

虫歯の疑いを持たれた方は、虫歯ひどくなる前に、当院の詳しい虫歯治療についてをご覧下さい。

歯周病で痛む場合の症状

歯周ポケットの深さによる歯周病進行度の違い
歯周ポケットの深さによる歯周病進行度の違い

熱いものでしみる場合

歯周病が原因で熱いものがしみる場合、痛みは一過性で持続せず、時々しみる程度です。
その他に下記の症状であれば歯周病が原因の可能性が高いです。

  • 歯肉が腫れている
  • 歯磨きすると歯ブラシに血がつく
  • 歯がグラグラしている

歯周病によって、歯の周りの骨が溶け、象牙質でできている歯根が露出すると熱いもので歯がしみます。
治療方法は、歯根の露出が僅かであれば歯磨きの改善や表面のコーティングにより痛みを抑えます。しかし、歯周病が進行し歯根の露出が多くなると被せ物や神経治療が必要になります。

熱いものでズキズキ痛む場合

歯周病が原因で歯がズキズキと痛む場合は、歯の周りに膿が溜まり、歯肉が腫れます。
その他に下記の症状があれば歯周病が原因の可能性が高いです。

  • 歯磨きすると歯ブラシに血がつく
  • 歯がグラグラしている
  • 咬むと痛い
  • お風呂や就寝時に体が温まると痛む

治療方法は、飲み薬等で痛みを落ち着かせてから歯周病治療に入ります。
歯周病は痛みが弱く自覚症状が少ないので、いずれの場合も小さなSOSを見逃さないようにしてください。

歯周病の疑いを持たれた方は、歯周病がひどくなる前に、当院の詳しい歯周病治療についてをご覧下さい。

知覚過敏でしみる場合の症状

エナメル質の一部が破損し、象牙質が表にでた歯
エナメル質の一部が破損し、象牙質が表にでるとしみます

知覚過敏が原因で熱いものがしみる場合、痛みは一過性で持続しません。また、熱いものが触れると、かなりの頻度でしみます。
熱いものがしみる以外の症状があまりなく、歯根が見えている・歯の根元がえぐれているような状態があれば知覚過敏の可能性が高いです。

知覚過敏の原因は、くいしばりや歯ぎしり・強い力での歯磨きによる、エナメル質の破損や歯根の露出です。

治療方法としては軽いものであれば、歯磨きの改善や薬での表面コーティング、えぐれている部分のコンポジットレジン充填などで痛みが治まります。
しかし痛みがひどくなると被せ物や神経治療をする必要が出てきます。

予防手段として、はぎしり・くいしばり防止用マウスピースもありますので、お気軽にご相談ください。

熱いもので歯が痛んだら

1度経験すると2度と経験したくない歯の痛み。三大激痛にも数えられ、あまりの痛さに仕事等が手に付かないという経験をされた方もいると思います。
虫歯や歯周病には自然治癒がありません。症状が落ち着いたとしても、治療しない限り、病気は確実に進行していき、より大きな痛みを引き起こすことにつながります。
また治療のタイミングが遅れると、削る量が増え、最終的には抜歯へとつながります。経験上「もう少し早くきてくれれば」ということも少なくありません。

歯がしみる・口の中に違和感があるということは、なにか問題が起こっているという体のSOSです。
上記の症状はあくまで目安ですが、少しでも異常を感じたら、ひどくなる前に早めに歯科医院で受診してください。

ご予約は
092-641-8141
詳しい治療内容や期間・費用などご相談ください。

カテゴリー:歯周病 虫歯 歯科全般

関連歯科情報